あなたの知らない観光地 ~日本は知れば知るほど面白い

みたら旅行に行きたくなる!格安旅行が出来る!そんなブログです!

乗船料たったの100円!現役の渡し舟若戸渡船【オモシロ交通】

皆さんこんにちは!

 

本日は今なお現役の市民の足として活躍中の福岡県北九州市にある『若戸渡船』をご紹介したいと思います!!

 

f:id:ryokoutakusan:20201110175259j:image

 

橋脚などの交通インフラに関する技術が少なく、未整備であったかつては、川や海といった地理的障害を克服するために渡し舟が多く活用されてきました。

 

 f:id:ryokoutakusan:20201110175143j:image

 

現在では瀬戸内海などの地区を除くと、生活の足として現役なものは非常に希少な存在になってきています。

 

そんな中、工業で栄え高度経済成長の日本を支えてきた政令指定都市北九州市にも、渡し舟が現役で活躍しているんです!

 

 

 

北九州市営として格安で乗れる船として活躍しています。

 

www.city.kitakyushu.lg.jp

 

 

若松駅から戸畑駅まで舟を使って行ってみる】

 

せっかくなので、実際に若松駅から若松渡場〜戸畑渡場から戸畑駅と利用した体験記もご紹介します!

アクセスなどの参考にしていただければ幸いです!


f:id:ryokoutakusan:20201110175232j:image

 

こちらが筑豊本線の終点若松駅

1891年に開設され、以降筑豊炭田で算出された石炭の積み出しを通じで、非常に栄えた場所になります!なんと常に国内トップクラスの貨物取扱量であったとか!


f:id:ryokoutakusan:20201110175239j:image

 

エネルギー革命後、石炭の取り扱いが減少していき1982年にはついに貨物輸送が終了してしまいました。その後、駅前の用地整理があったため多くの施設は残っていないものの、駅前に広がる広大な土地などにその名残を多く見ることができます!

 

ちなみに写真にあるように、今ではあまり見られなくなった客車列車時代の機回し線も現存しています!


f:id:ryokoutakusan:20201110175246j:image

 

こちらが駅舎の入口です!

ここから海側へ歩いて行きます。


f:id:ryokoutakusan:20201110175303j:image

 

駅前では、かつての構内跡だと思われるかなり大きな空き地や駐車場が名残として見ることが出来ます!


f:id:ryokoutakusan:20201110175207j:image

 

石炭をはじめとする貨物輸送に使われていたSLも駅前広場にて保存されています。


f:id:ryokoutakusan:20201110175242j:image

 

SLを超えるとすぐに洞海湾が見えてきます。

その距離は200メートルにも達しないほどです!


f:id:ryokoutakusan:20201110175216j:image

 

湾内を行き交う船はなかなか多かったです!


f:id:ryokoutakusan:20201110175316j:image

 

遠くに見える橋が若戸大橋です!

舟だけではさすがに不便すぎるということで、大規模な橋で洞海湾をショートカットするために造られました!


f:id:ryokoutakusan:20201110175408j:image

 

橋ができ、バス路線として若戸航路と同じ様な役割のルートも出来ましたが、現在でも航路が残されています


f:id:ryokoutakusan:20201110175309j:image

 

若戸大橋の根元の辺りに若戸航路それぞれの乗り場があります。

 

そして、この周辺ではレトロな建物も多く見ることが出来ます!


f:id:ryokoutakusan:20201110175059j:image

 

レンガ造りや趣のある様式の建築が港町の景色に溶け込んでいます!

 


f:id:ryokoutakusan:20201110175139j:image

こちらは若松石炭商同業組合の石炭会館(竣工:明治38年)です。

 

f:id:ryokoutakusan:20201110175256j:image

 

続いて一際目を引くこの建物は古河鉱業若松支店(竣工:大正7年)です。


f:id:ryokoutakusan:20201110175324j:image

 

対岸に見えるこの日本水産の建物もとても趣があって美しい建造物に見えます!


f:id:ryokoutakusan:20201110175328j:image

こちらは旧三菱鉱業若松支店です。現在は上野海運の入っている上野ビル(竣工:大正2年)になっていて、倉庫には三菱のマークも残っているそうです!


f:id:ryokoutakusan:20201110175345j:image


f:id:ryokoutakusan:20201110175320j:image

さてこの上野ビルを過ぎるとすぐに若松渡場に着きました!


f:id:ryokoutakusan:20201110175356j:image

こちらが乗船券売場です。

お値段は市民以外のでも100円!市民やシニアの方などはさらに安くなっています!


f:id:ryokoutakusan:20201110175404j:image

 

こちらが待合室の中です!


f:id:ryokoutakusan:20201110175341j:image

 

歴史ある若戸渡船を紹介する看板もありました。


f:id:ryokoutakusan:20201110175044j:image

反対の戸畑渡場からやってきましたのが、現役の渡し舟になります!


f:id:ryokoutakusan:20201110175313j:image

 

こちらが時刻表です!


f:id:ryokoutakusan:20201110175336j:image

 

先程の舟が到着しました!

自転車などでも利用でき、幼稚園の散歩?でも使われていて、市民の足としての役割を今でも担っていることが分かりました。


f:id:ryokoutakusan:20201110175047j:image

 

対岸までは約3、4分です!


f:id:ryokoutakusan:20201110175249j:image

 

せっかくなので2階部分へやって来ました!


f:id:ryokoutakusan:20201110175211j:image

 

心地よい風を浴びて景色を見ている間にあっという間に戸畑渡場が近づいてきます!


f:id:ryokoutakusan:20201110175400j:image
f:id:ryokoutakusan:20201110175236j:image
f:id:ryokoutakusan:20201110175134j:image

 

あっという間に下船の時間です。


f:id:ryokoutakusan:20201110175353j:image

 

こちらが戸畑側から見た若戸大橋です!


f:id:ryokoutakusan:20201110175202j:image

 

こちらが戸畑渡場とその待合室です。


f:id:ryokoutakusan:20201110175053j:image

 

この道路の先に僅かに見えるのが戸畑駅

道は1本です!


f:id:ryokoutakusan:20201110175435j:image

 

若戸大橋にアプローチするための坂もなかなかの迫力がありますね!


f:id:ryokoutakusan:20201110175153j:image

こちらが戸畑駅の北口です!

南口が大きな駅ビルなのですが、そちらへは地下通路で抜けることが出来ます!


f:id:ryokoutakusan:20201110175332j:image

ここから先程の戸畑渡場を見るとこのような景色です!


f:id:ryokoutakusan:20201110175147j:image

 

こちらは南口にある看板です!

ここで若戸渡船が紹介されている程、足として活用されていることがわかりますね!!

戸畑駅からアクセスする際は、これを参考に赤い若戸大橋を目印に進んでください!


f:id:ryokoutakusan:20201110175253j:image

 

最後に駅のホームから見える若戸大橋をご紹介して終わりに致します!

 

みなさんも北九州エリアを訪れた際は、希少な存在になった現役の『渡し舟』に格安で乗れる『若戸渡船』に乗ってみてはいかがでしょうか?

 

ありがとうございました!

 

日本最南端の駅 西大山 アクセスの裏技もご紹介!【オモシロ駅紹介】

皆さんこんにちは!

 

f:id:ryokoutakusan:20201106225416j:image

 

いきなりですが、こんな写真をどこかで見たことある方もいるのではないでしょうか?

 

f:id:ryokoutakusan:20201120102529j:image

JR九州ホームページより)

 

天気がいいとこんな感じです!

 

ここはどこかというと、看板にも書いてあるように(JR)日本最南端の駅 西大山駅という場所になります!

 

 

 

 

駅の場所はこの周辺にあります!

 


f:id:ryokoutakusan:20201106225403j:image

 

無人駅ながら駐車場が多く観光地として整備されています!

駐車場からホームを見るとこのようになっています!


f:id:ryokoutakusan:20201106225351j:image

 

幸せの黄色いポストもあって、ここから手紙を出すこともできます!

 

忘れた方や知らなかった方も、後ほど触れる近くの売店で限定ポストカードなどを買うことができますのでご安心を!


f:id:ryokoutakusan:20201106225410j:image

 

まずはホームを見ていきましょう!

こちらが階段を登って指宿・鹿児島中央駅側を見た時のホームです!


f:id:ryokoutakusan:20201106225500j:image

 

そこから逆側を見ると、有名なこのアングル側になります!

 


f:id:ryokoutakusan:20201106225355j:image

 

そして、ホームへの階段付近の待合ゾーンにも掲示物があります!


f:id:ryokoutakusan:20201106225446j:image

 

ちょうど駅数的には鹿児島中央と枕崎の中間くらいの位置なんですね!

 

指宿枕崎線全線走破にはかなり時間がかかります笑


f:id:ryokoutakusan:20201106225431j:image

 

こちらが駅前の駐車場の様子です!


f:id:ryokoutakusan:20201106225453j:image

 

こちらが駅前の道路。


f:id:ryokoutakusan:20201106225450j:image

 

駅やその駐車場の道路を挟んだ反対側にはこの売店があります!


f:id:ryokoutakusan:20201106225347j:image

 

かなり品ぞろえが充実していて、時間を潰すこともできます!


f:id:ryokoutakusan:20201106225406j:image

 

ちなみに私はここでしか買えない最西端駅関連グッズやご当地の食品(蒸した安納芋など)を楽しみました!


f:id:ryokoutakusan:20201106225413j:image

 

列車が来ると奥の人がホームに上がるのですが、この時乗ったのは自分だけでした(笑)


f:id:ryokoutakusan:20201106225419j:image

 

さてこれで簡単な紹介は終わりなのですが、アクセス方法の裏技についても伝授いたします!!(笑)

 

一般的には、指宿枕崎線を利用してくるか車で来ることになります!

 

しかし、山川以南は特に本数が少ないこの路線では、時間的に行く事が難しい、もしくは1度降りてそのまま枕崎方面に行きたい3時間ほど時間が空いてしまう場合もあるでしょう。

 

実はそんな人たちを救済する裏技があるんです!

 

それがバスを使って更に2キロほど歩くという技です(笑)

 

f:id:ryokoutakusan:20201122133832j:image

 

そのバスは指宿駅から出ています!

 

鹿児島交通のバスで『池田湖行き』『徳光(とっこう)小前』のバス停でおります!(乗り換えアプリだと徳光と表記されていました)


f:id:ryokoutakusan:20201106225359j:image

 

ちなみに砂蒸し会館前にも停車するので、指宿の観光をしてからでも向かうことができます!


f:id:ryokoutakusan:20201106225423j:image

 

時刻表上は約30分ほどの所要時間です!


f:id:ryokoutakusan:20201106225427j:image

 

バス内の表記は『徳光小前』なので気をつけてください!


f:id:ryokoutakusan:20201106225456j:image

 

ここから約2キロ歩きますが、道は割とわかりやすいので安心です!


f:id:ryokoutakusan:20201106225441j:image

 

こちらがその徳光小なのですがなんと廃校になってしまうそう、、


f:id:ryokoutakusan:20201106225435j:image

 

そのまま2キロほど歩くと、駅に着きます!!

 

乗り継ぎが悪いなど、困った際はこの裏技をぜひ使ってみてください!!

 

ありがとうございました!!

ファーム富田のカラフルな花畑 ラベンダーの街富良野 【駅チカ観光地】

皆さんこんにちは!

 f:id:ryokoutakusan:20201002172600j:image

 

本日はラベンダーカラフルな丘や花畑で、北海道を代表する一大観光地富良野『ファーム富田』のご紹介です!

 

 f:id:ryokoutakusan:20200921164311j:image

 

明治30年から長らくこの富良野でラベンダーを育ててきて、様々な困難を乗り越えて、現在の美しいラベンダー畑が富良野の代名詞となっているんです!

 

 f:id:ryokoutakusan:20201002172531j:imagef:id:ryokoutakusan:20200921164449j:image

 

廃業寸前という瀕死の状態から、国鉄の観光キャンペーンにたまたま採用されたというきっかけで、北海道の一大観光地にまでなった富良野の代名詞、“ラベンダー畑”について見ていきましょう!

 

 

f:id:ryokoutakusan:20200816082828j:image

 

何よりここの凄いところは入場料が無料なんです!!!何も買わなければ本当に0円でこんな素晴らしいものを見れます!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164238j:image

 

加えて、他にも様々なカラフルなお花が植えられていて、その虹色の丘は富良野だけでなく北海道の代名詞にもなっています!!

 

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164342j:image

 

白樺の並木を抜けると早速一面のラベンダー畑が御出迎えです!!



 f:id:ryokoutakusan:20200921164345j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164321j:image

 

ここで働かれている敷地内の移動用のスクーターまでラベンダー色でした!


f:id:ryokoutakusan:20200921164318j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164417j:image

 

広い園内で時期をずらしてラベンダー栽培が行われています!


f:id:ryokoutakusan:20200921164428j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164404j:image

 

奥の施設では、実際にラベンダーからオイルを蒸留する工程を見学することもできます!


f:id:ryokoutakusan:20200921164308j:image

 

収穫時期に行くと割と高い確率で、ラベンダーを蒸しているところなどを見ることができますよ!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164437j:image

 

香りのついた蒸留水が副産物として出来るのですが、それも販売されていて人気の商品になっています!


f:id:ryokoutakusan:20200921164445j:image

 

蒸している時はもちろん、その後オフシーズンに行った時も、この建物周辺には、特にラベンダーの良い香りが漂っていました!


f:id:ryokoutakusan:20200921164457j:image

 

こちらが創業当初からあるラベンダー畑です!

それに由来してトラディショナルラベンダー畑という名前が付いていて、今でも大切に扱われ現役で活躍しています。

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164337j:image

 

訪れた際、ちょうど刈り取りを行っていました!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164328j:image

 

こちらは1番奥側(北の旭川側)にある区画です!


f:id:ryokoutakusan:20200921164453j:image

 

こちらは見頃で特にカラフルになっていました!

いくつかの区画でずらして種を巻き育てることで、どの時期にきてもカラフルな畑を楽しめるように工夫がされているそうです!


f:id:ryokoutakusan:20200921164356j:image

 

この区画の写真の手前側には北海道を代表するハマナスも植えられています!

バラの仲間でピンク色の花を咲かせます!

 f:id:ryokoutakusan:20200921164301j:image

 

このファーム富田では、このような小規模の売店や軽食施設などが園内に沢山あって、『○○の舎』として楽しめるようになっています!


f:id:ryokoutakusan:20200921164407j:image

 

富良野の美しい景色を見ながら軽食も楽しむことができます!


f:id:ryokoutakusan:20200921164235j:image

 

ラベンダー関連のお土産もかなり充実していて、種類が豊富です。化粧品や日用品、雑貨など多岐にわたります!

 

 f:id:ryokoutakusan:20200921164221j:image

 

また、ここでしか食べられないようなラベンダー関連グルメもぜひ食べておきたいものです!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164247j:image

 

一例としてラベンダーソフトや

 

 f:id:ryokoutakusan:20200921164414j:image

 

ラベンダーバターを使ったじゃがバターなどがあります!!


f:id:ryokoutakusan:20201002172538j:image

 

紫色なので少し珍しい色ですが(笑)、とても美味しいのでぜひ記念に食べてみてください!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164420j:image

 

これらのラベンダーは見せるだけでなく、売店で売られている商品などに加工されています!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164348j:image

 

なので、時期が終わったラベンダーは刈り取られ様々な用途で使われます!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164250j:image

 

このようなラベンダー関連商品の売上によって、私たちが無料で見学をすることが出来ているんです!

 

 

 

ちなみにファーム富田とは関係ないのですが、隣に最近新しくメロンを楽しめる大規模なエリアが誕生しています!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164411j:image

 

いくつかのお店で、メロン自体はもちろん、メロンパンやメロンに盛ったソフトクリーム、ピザなどを楽しむことが出来ます!


f:id:ryokoutakusan:20200921164304j:image

 

オススメは、割と低価格で北海道らしいソフトクリームとメロンを1度に味わえるこの商品です!


f:id:ryokoutakusan:20200921164257j:image

 

時間がある際はぜひこちらにも寄ってみてください!

 

ちなみにファーム富田には持ち込めないので食べきってから入ってください!

 

 

【アクセス】

 

・位置

 

 

 

・期間限定の最寄り駅 ラベンダー畑駅

 

f:id:ryokoutakusan:20201002172549j:image

 

こちらは多客期(主に夏休みシーズン)にのみ、ファーム富田のアクセス駅として開設される臨時駅です!

 

f:id:ryokoutakusan:20201002172534j:image

 

期間内でも一部の列車しか止まらないことも多いので注意してください!


f:id:ryokoutakusan:20201002172545j:image

 

観光列車などでアクセスすることもできます!

 

ryokoutakusan.hatenablog.com

 

 


f:id:ryokoutakusan:20201002172542j:image

 

川の左側がファーム富田、右側の畑の中にラベンダー畑駅があり、中富良野駅と比べるとアクセスが抜群にいいです!

 

 

 

・普段の最寄り駅 中富良野駅

 

f:id:ryokoutakusan:20201114124150j:plain

 

ラベンダー畑駅が開設されていない時(もしくは時間的に停車する列車がない際)の最寄り駅になります!

 

f:id:ryokoutakusan:20201114124147j:plain

 

2キロ弱の距離で、徒歩約20分が目安です!

自分もここから歩いたことがありますが、景色がいいので歩くのが得意なら余裕だと思います笑

 

 

他には旭川空港からレンタカーやタクシーを使う方法や富良野駅や中富良野駅からタクシーを使うこともできます!

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164325j:image

 

皆さんもぜひ行ってみてください!!

 

ちなみにおすすめのお土産枕の下に入れられる乾燥させたラベンダーです!

いい匂いがしてしかも安いです!(たしか250円でした)

 

f:id:ryokoutakusan:20200921164401j:image

 

 

 

ryokoutakusan.hatenablog.com

 

 

ryokoutakusan.hatenablog.com

 

 

 

 

ここからはギャラリーです笑


f:id:ryokoutakusan:20200921164314j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164225j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164441j:image

f:id:ryokoutakusan:20200921164500j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164424j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164352j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164332j:image

※よく勘違いされるのですが、このラベンダーのようなものは紫色のサルビアです笑


f:id:ryokoutakusan:20201002172557j:image
f:id:ryokoutakusan:20201002172554j:image
f:id:ryokoutakusan:20200921164230j:image

 

 

以上です!!

 

ありがとうございました!!

日本で最も“汚い”駅!? 船尾駅 【オモシロ駅紹介】

 

本日は日本で最も汚い駅とも言われる、JR九州後藤寺線船尾駅をご紹介致します!

 

f:id:ryokoutakusan:20201112172556j:image

 

さて、なにがそんなに“汚い”のかというと、後藤寺線の沿線、筑豊エリアでは何が盛んであったかということがヒントになるかもしれません笑

 

f:id:ryokoutakusan:20201116135659j:image

 

もうひとつのヒントはこの航空写真です!!


f:id:ryokoutakusan:20201112172539j:image

 

この駅を通る後藤寺線やその周辺の筑豊エリアを走る日田彦山線筑豊本線などは、かつての大規模な炭田開発等に伴って整備されたものが多いです。

 

そのため、複線非電化や長いすれ違い設備(有効長)、多く存在する鉄道用地などに今もその名残を残しています!

 

しかし、この駅が汚いことに関しては、石炭とはちょっとだけ違う理由なんです!(後ほど触れます)


f:id:ryokoutakusan:20201112172601j:image

 

今回は田川後藤寺から新飯塚まで乗り通した際の写真の順番になります!


f:id:ryokoutakusan:20201112172533j:image

 

周囲のターミナル駅田川後藤寺からわずか一駅、ものの数分で、なにやら大規模な工場のようなものが見えてきます!


f:id:ryokoutakusan:20201112172456j:image

 

かなり大規模です!!


f:id:ryokoutakusan:20201112172520j:image
f:id:ryokoutakusan:20201112172737j:image

 

蒸留塔のような大きなタワーも特徴的ですね!


f:id:ryokoutakusan:20201112172504j:image
f:id:ryokoutakusan:20201112172515j:image

 

そうこうしているうちに、ホームに着きました。

これが今回の主役の船尾駅です!


f:id:ryokoutakusan:20201112172627j:image

 

ここからは停車中に急いで撮ったホームの写真をみて、なにが汚いのか推測してみてください!笑


f:id:ryokoutakusan:20201112172549j:image

 

駅の入口です。(点字ブロックや柵にご注目)

 

f:id:ryokoutakusan:20201112172529j:image

こちらは簡易の待合室

f:id:ryokoutakusan:20201112172500j:image

 

椅子もよく見ると、、?


f:id:ryokoutakusan:20201112172622j:image

 

さて!分かったでしょうか?!

 

そうなんです!なにやらホコリやチリのようなものがとてもたくさん堆積しているんです!


f:id:ryokoutakusan:20201112172525j:image

 

駅を出発します!この先にその答えが待っています!


f:id:ryokoutakusan:20201112172451j:image

 

なにやら道路や周辺が白っぽいです!


f:id:ryokoutakusan:20201112172729j:image
f:id:ryokoutakusan:20201112172610j:image

 

何かを運び出すトラックも多く行き交います!


f:id:ryokoutakusan:20201112172659j:image
f:id:ryokoutakusan:20201112172544j:image

 

先の方は白く霧がかかったようになっています!


f:id:ryokoutakusan:20201112172509j:image

 

こちらが答えです!


f:id:ryokoutakusan:20201112172617j:image

 

具体的には石灰石を採掘しているのがこの船尾駅周辺であり、それに伴う石灰などの粉塵が振り積もっているわけなんです!


f:id:ryokoutakusan:20201112172719j:image
f:id:ryokoutakusan:20201112172646j:image

 

リアルで見ると、写真以上に白くてなかなか興味深い景色を見ることが出来ます!


f:id:ryokoutakusan:20201112172606j:image

 

最後に見えるのが、かなり大規模に山を削って石灰石を採掘している景色です!

 

 

実際に航空写真を見るとなかなか見ることのない独特な景色が広がっています。

 

 

 

どうでしたか!?

 

実際に行く際は、粉塵がすごいのでそれを頭に入れておくように留意してください!

コバルトブルーの富士の恵み!世界遺産忍野八海【オススメ観光地】

本日は、世界遺産富士山関連の構成要素の一つである忍野八海(おしのはっかい)をご紹介致します!

 

f:id:ryokoutakusan:20200530122732j:plain

 

忍野八海はこのようなコバルトブルーの美しい水で有名なんです!!

 

 

 

 

 

 

 f:id:ryokoutakusan:20201103185212j:image

 

この忍野八海の水源は、富士山の伏流水約20年ほどかけてろ過されたものなのだそうです。

f:id:ryokoutakusan:20201104080759j:image

八海の由来は8つの湧水由来の池からきていて、江戸時代の富士講(富士山に対する信仰から富士山参る習慣)の際に、八海巡りをしたことなんだそうです。

 

実は8つ以上湧水箇所はあるものの、仏教的な思想で8を尊ぶことから8つとされたそうです。

 

f:id:ryokoutakusan:20200530122747j:plain

 

現在では良くも悪くも観光地化され、世界遺産に登録されたこともあって、かなり多くの人で賑わっています!

 f:id:ryokoutakusan:20200530123713j:plain

 

上2つの写真の場所が、最も有名な場所で観光の拠点になっています!

 

ちなみにここを管理している売店周辺には、この周辺では希少な付属の無料駐車場があります!

 

f:id:ryokoutakusan:20200530123552j:plain

 

この左側の枠で囲われた中が最も有名な場所になっているのですが、なんとこれは八海の内の1つではなく、観光開発(売店の増収策?)の一環として造られた人口池です笑

 

f:id:ryokoutakusan:20201103185220j:image

 

人口池といっても、中はこのような美しい青色で、7mほどの深さがあるそうです!ニジマスなどの魚が泳いでいます。

 

 

f:id:ryokoutakusan:20200530123607j:plain

 

そこからすぐ近くに湧池があり、大通り沿いなため多くの人で賑わっています!

 

 

f:id:ryokoutakusan:20200530123651j:plain

 

 

f:id:ryokoutakusan:20201104082211j:image

 

拠点の場所からかなり近い距離に7個の池が密集しているため徒歩で楽に八海めぐりをすることが出来ます!

 

f:id:ryokoutakusan:20200530123718j:plain

 

f:id:ryokoutakusan:20201112112456j:image

 

しかし、出口池のみは密集するエリアからは少し離れていて、徒歩約15分程かかりますので、八海巡りコンプリートをする際には時間に余裕を持つといいでしょう!

 

f:id:ryokoutakusan:20200530122804j:plain

 

天気がいいと美しい青色の湧水と富士山の絶景を眺めることが出来ます!!

 

f:id:ryokoutakusan:20201101223014j:image

 

皆さんも富士山エリアに行った際はぜひ立ち寄ってみてください!!

 

ラストサムライの最後のシーンが撮られた絶景スポット!九十九島・石岳展望台 バスでの行き方もご紹介!【駅チカ観光地】

本日は佐世保からバスで観光できる九十九島の絶景で有名な石岳展望台をご紹介します!!

 

f:id:ryokoutakusan:20201104180743j:image

 

ちなみに佐世保駅JRの日本最西端の駅で、博多から直通の特急も多く走っています!


f:id:ryokoutakusan:20201104180820j:image

 

バスでのアクセスが主流で、佐世保駅前のバスターミナルから「下船越方面」のバスに乗って、『動植物園前』というバス停が最寄りです!


f:id:ryokoutakusan:20201104180852j:image

 

佐世保駅前から約30分程かかります!


f:id:ryokoutakusan:20201104180806j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180739j:image

 

バス停の名前から分かるように、『九十九島動植物園 森きらら』という施設があります!


f:id:ryokoutakusan:20201104180845j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180754j:image

 

ここから約1キロ山を登っていきます!!


f:id:ryokoutakusan:20201110224200j:image

 

山を登るといっても舗装された道なので、そんなに気負わなくて大丈夫です笑


f:id:ryokoutakusan:20201104180803j:image

 

しかし、それなりの坂で時間はかかるので日没までに余裕は持っておきましょう!


f:id:ryokoutakusan:20201104180907j:image

 

合法的に動植物園を覗くこともできます笑


f:id:ryokoutakusan:20201104180829j:image

 

中腹の駐車場を超えて、ここまで来るとラストスパートです!


f:id:ryokoutakusan:20201104180841j:image

 

先が開けてきました!


f:id:ryokoutakusan:20201104180902j:image

 

こちらが石岳展望台です!!


f:id:ryokoutakusan:20201104180751j:image

 

なんという大パノラマでしょう!


f:id:ryokoutakusan:20201104180822j:image

 

このいくつもある小島から九十九島という名前になっています!実際に99個の島があるという訳ではなく、日本人の大好きな、多かったら九十九を付けるパターンですね笑


f:id:ryokoutakusan:20201104180800j:image

 

ここは有名なハリウッド映画ラストサムライのロケ地としても知られています!


f:id:ryokoutakusan:20201104180722j:image

 

特に夕暮れの景色が素晴らしいと言われています!


f:id:ryokoutakusan:20201104180849j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180730j:image

 

この石岳展望台は、崖沿いに1箇所と展望台に2箇所の展望スポットがあります!

 

近くにありながらそれぞれ見え方が違うので、見比べてみることをおすすめします!


f:id:ryokoutakusan:20201104180725j:image

 

周辺や景色についての解説版もあるので、参考にしてみてください!!


f:id:ryokoutakusan:20201104180813j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180918j:image

 

残念ながら完全な夕暮れまではいることが出来ませんでしたが、それでもかなり美しい景色を見ることが出来ました!!


f:id:ryokoutakusan:20201104180816j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180855j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180858j:image

f:id:ryokoutakusan:20201104180911j:image

 

ちなみに、佐世保は軍港としても有名で、造船用の大きなドックもここから見ることが出来ました!


f:id:ryokoutakusan:20201104180736j:image

 

どうでしたでしょうか!

f:id:ryokoutakusan:20201104180838j:image
f:id:ryokoutakusan:20201104180915j:image

 

 

皆さんもぜひ佐世保に行った際は、絶景を見にぜひ足を伸ばしてみてください!!

日本一硬い?!歯ごたえ抜群の吉田うどん!【ご当地グルメ】

本日は山梨県富士吉田・富士五湖エリアでとってもオススメのご当地グルメをご紹介致します!!

 

f:id:ryokoutakusan:20201106214833j:image

 

富士山の山梨県側の麓、富士吉田市の名物のひとつが吉田うどん(吉田のうどん)です!!

 

特徴としては、

噛めば噛むほど素材と出汁の旨みを楽しめる硬い麺に、甘辛く煮た馬肉や茹でキャベツをトッピング。そして醤油・味噌をベースにしたこだわりの出汁で味わう(富士吉田市観光ホームページより)

 

ということになります!

 

まとめると

・硬い麺!

・馬肉!

・茹でキャベツ

 

が興味深い特徴になります!!

 

また、『すりだね』といわれる薬味も各店においてあって、それぞれのこだわりが出るポイントだそうです!!

 

 

このクセになる硬さが生まれた理由はこのように説明されています。

昭和初期、富士吉田の中心産業は繊維業で、下吉田地区の半数以上の世帯が繊維業を営んでいるほど栄えていました。その家庭では、織物の機械を動かす女性が昼食の準備で作業が止まらないように、また、織物を扱う女性の手が荒れないように、男性が昼食にうどんをつくるようになったといわれています。男性たちは腹持ちの良いうどんを作ろうと力強くうどんを練るため、歯ごたえ・コシのあるうどんが主流になったそうです。今でもうどん店では力一杯練られた、昔ながらのうどんを楽しむことができます。(富士吉田市観光ホームページより)

 

織物産業が盛んであった歴史背景も味わうことが出来る一品になっています!

 

個人的には富岳風穴などで、繭を保存していた事等も関わってくるのかなと思っています。

 

 

今回は、河口湖周辺にある「はちまんうどん」様のうどんを頂きました!

 

f:id:ryokoutakusan:20201102081518j:image

 

豪華に天ぷら付きです!

しかし、このお店はかなり良心的な価格でお財布にも優しかったので、プチ贅沢も手軽に出来てしまいました笑

 

f:id:ryokoutakusan:20201102081541j:image

 

天ぷらを食べると、このように特徴であるキャベツと馬肉が乗っています!!

 

歯ごたえもバツグン!とっても美味しかったです!

 

最後にすりだねを加えて、よりさっぱり頂くことが出来ました!

 

皆さんも是非、歯ごたえ抜群の吉田うどんを食べてみてください!!

 

 

 

ryokoutakusan.hatenablog.com

 

ありがとうございました!!